バイクの任意保険と強制保険とではどのような違いがあるのか?

憧れのハーレーを乗るのに欠かせないのが保険!

もちろん新車でも中古でも保険は必ず入る必要があります。

そんな保険について詳しく書いていこうと思います。

バイクの任意保険と強制保険では、補償に対する考え方や実行性がまるで異なります。

どう違うのかを知っておきましょう。

【強制保険は相手方の補償がメインの保険】

バイクには強制保険(自賠責保険)と任意保険の2種類があります。

強制保険とは四輪にも二輪のバイクにも強制的に加入しなければならない保険です。

任意保険とは俗にバイク保険(ロードサービス)と呼ばれているもので、バイク購入後にオーナーの自由意思で加入するものです。

「強制保険に加入しているから任意保険には加入しなくても大丈夫」と考える人が多いのですが、強制保険はバイク事故で人身事故を起こしてしまった相手方(被害者)の補償を対象としたものなので、当事者のバイク破損や入院費などは補ってくれません。

【バイク保険は、どちらかと言えば自分のため】

バイク保険(任意)は、どちらかというと強制保険だけではカバーされていない“自分に対する補償”を補うために入る保険です。

自賠責では相手方のケガや死亡に対しての補償はしてくれますが、相手方であってもバイクやモノに対しての補償はしてくれません。

また当事者(バイクのオーナー)に対しては、ケガや死亡に対しての補償が一切ありません。

示談にすすめようとしても、保険会社の示談代行を活用することはできません。

すべて自前で依頼するしかなくなります。

事故車の処理などにロードサービスを活用するのも自費になります。

【バイクの任意保険と強制保険は、まったく別ものと考えたほうが賢明】

任意のバイク保険であれば、すべてカバーされます。

自賠責が相手方の一部の補償であるのに対して、任意のバイク保険はケガや死亡も、示談交渉の代行もロードサービスも、すべてが補償の範囲です。

加入料は高くても年間1万円程度です。