ハーレー・ダビッドソンの新車と中古どっちが良いの?

バイクの王様ともいわれるハーレー・ダビッドソンの新車と中古車。

どちらにも、それぞれメリットとデメリットがあると思います。

それぞれにまとめてみました。

【ハーレー・ダビッドソンの新車は?】

〈メリット〉

新車の場合、故障の心配がないので安心して購入する事ができます。

もし、不具合や欠陥によるリコールがあっても保障があるのでディーラーで対応して貰えるのも魅力です。

また、劣化もなく、何もカスタムされていないノーマルな状態で乗れるので本来の性能を体感できる喜びがあると思います。

〈デメリット〉

冒頭でも書きましたが新車は、価格がとにかく高いです。

「保障付きの安心」を中古車との差額で買ったと納得できるなら良いと思います。

また、カスタムしたいと感じた時に一からのスタートなので高額になります。

【ハーレー・ダビッドソンの中古車は?】

〈メリット〉

なんと言っても新車より安く購入できる事だと思います。

購入後、カスタムを考えているなら安く車体が手に入る事は大きなメリットです。

また、既にカスタムされたハーレー・ダビッドソンも多いので自分好みのバイクに出会えたら、お買い得です。

〈デメリット〉

粗悪なハーレー・ダビッドソンを購入してしまったら修理費が高額になってしまいます。

また、高品質なハーレー・ダビッドソンを見つける為にバイクの専門店を渡り歩き、念入りに車体や消耗部分のチェックが必要です。

そして、既にカスタムされているバイクが多いので、部分によっては「純正パーツがあるか」の確認も必要になります。

中古のバイクを購入する際に後悔しない選び方

粗悪な中古車のバイクを購入してしまった場合、修理費が高額になってしまいます。

そこで購入前に注意したいポイントをチェックしましょう。

〈タイヤは?!〉

ハーレー・ダビッドソンのタイヤはワイドな物が多く、お高めです。

そこにタイヤ交換代が入れば6~7万ぐらいは掛かってしまいます。

溝がシッカリあっても、古いタイヤはゴムが硬くなっていて滑りやすく、本来の機能を発揮しませんので硬さもチェックしてください。

〈フロントフォークのチューブは?!〉

まずは、アウターチューブを見てみましょう。

保管状態が悪かったバイクは、この部分を見れば分かります。

そして、インナーチューブの方が大切なポイントです!

この部分にサビや傷がある物は、オイル漏れの心配があります。

もし、修理するとなれば、インナーチューブとダストシール、オイルシール、フォークオイルの交換などで高額な修理代が掛かってしまいます。

〈ホイールベアリングは?!〉

これは見た目だけでは、判断が難しいですが、最低でも「錆びてないか?」はチャックしましょう。

ここは安全に繋がる部分ですので、もし錆びていたら即交換で前後となれば、4万ぐらいは掛かります。

〈ブレーキパットは?!〉

ブレーキパットの残量確認をしたら、ディスクローターもチェックしてください。

パットよりもローター交換の方が、お高くなりますよ。

〈マスターシリンダーは?!〉

ブレーキフルードの漏れと傷をチェックします。

そこそこの量が滲んでいたら事故車や立ちゴケ車の可能性もあります。

また、塗装の剥げにも繋がります。

〈エンジンは?!〉

オイルの滲みをチェックします。

もう漏れているのは、問題外ですが滲み程度なら機能に問題はありません。

しかし、修理となれば、かなりの高額になるので注意が必要です。

「これだけチェックすれば完璧」というものではありませんが、最低限チェックしてください。

せっかく、中古のバイクを安く、手に入れても修理代で高額になってしまうのは避けたいですね。